コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IMFクオータ あいえむえふくおーた

1件 の用語解説(IMFクオータの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IMFクオータ

IMF加盟国への出資割当額。GDP、貿易規模などを基準に決定されており、加盟国の投票権や借入限度の基準となる。通常、5年に1回の頻度でクオータ見直しが行なわれ、増資額と、各国への割当額の配分が決定される。加えて、加盟国は自国のクオータの調整を常時申請できる。近年で一番大きな増資は1999年の第11次増資であり、資本金総額は約2000億ドルから2880億ドルに増資された。他に、クオータは、支払いの方法に特徴がある。クオータのうちの25%は、融資を受けられる権利=SDRか、IMFが指定する外貨で払い込み、残りは自国の通貨で払い込む規定になっている。融資を受ける必要のない国はSDRで払うことが多い。近年では、アジア諸国の経済の伸長にくらべて、クオータが低いことが問題となっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IMFクオータの関連キーワード国際通貨基金リザーブトランシュ新ラウンドGDPデフレーター(GDP Deflator)OECD(Organization for Economic Cooperation and Development)SDR(Special Drawing Rights)経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)国際通貨基金(IMF:International Monetary Fund)ココム加盟国足利銀行と県の出資

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IMFクオータの関連情報