コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IMFクオータ あいえむえふくおーた

1件 の用語解説(IMFクオータの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IMFクオータ

IMF加盟国への出資割当額。GDP、貿易規模などを基準に決定されており、加盟国の投票権や借入限度の基準となる。通常、5年に1回の頻度でクオータ見直しが行なわれ、増資額と、各国への割当額の配分が決定される。加えて、加盟国は自国のクオータの調整を常時申請できる。近年で一番大きな増資は1999年の第11次増資であり、資本金総額は約2000億ドルから2880億ドルに増資された。他に、クオータは、支払いの方法に特徴がある。クオータのうちの25%は、融資を受けられる権利=SDRか、IMFが指定する外貨で払い込み、残りは自国の通貨で払い込む規定になっている。融資を受ける必要のない国はSDRで払うことが多い。近年では、アジア諸国の経済の伸長にくらべて、クオータが低いことが問題となっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IMFクオータの関連キーワードSDRGDPギャップIMF融資制度GDPSDRデフレーター構造調整政策アジア通貨基金AMFコソボの要覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IMFクオータの関連情報