コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IPフラグメント

1件 の用語解説(IPフラグメントの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IPフラグメント

TCP/IPネットワークにおけるIP層では、一度に64Kbytesまでのデータを送れることになっているが、実際の物理層の制限によって、たいていの場合は一度に送ることができない(たとえばEthernetなら一度に1500bytesまで)。このような場合はデータを分割して送信し、受信元で再合成する必要がある。このことをIPフラグメントと呼ぶ。このようにして分割してデータを送ると、場合によっては順序が入れ替わって到着したり、重複して到着したり(エラー時に再送するとこうなる可能性がある)するので、これらを正しく送信された順序に直さなければならない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IPフラグメントの関連キーワードVJ圧縮TCPTCP/IPウィンドウサイズパーシステントコネクションnetstatプロトコルDHCPTCP/IPインターネット

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone