コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IT 基本法

大辞林 第三版の解説

IT 基本法

正称、高度情報通信ネットワーク社会形成基本法。世界最高水準の情報通信ネットワークを実現し、すべての国民がその恩恵を享受できるようにすることなど、その基本理念を定める。2000 年(平成 12)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

IT 基本法の関連キーワード高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部オーム(Georg Simon Ohm)高度情報通信ネットワーク社会形成基本法内閣官房情報セキュリティセンター内閣サイバーセキュリティセンター日本コンピュータ史(年表)イギリス領北アメリカ条例オフィスオートメーション能力(実行力、達成力)ドーピング(スポーツ)科学技術基本計画知的財産戦略本部日本原子力研究所個人情報保護法国連海洋法条約障害者スポーツ地層累重の法則地層同定の法則情報リテラシー消費者基本法

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android