コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ITO 憲章

1件 の用語解説(ITO 憲章の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ITO 憲章

〖International Trade Organization Charter〗
国際貿易憲章。世界経済の適正な発展のため、自由貿易を原則として国連が作成した国際協定。1948 年ハバナで採択されたが、署名 53 か国のほとんどの国がこれを批准せず、未発効。その内容の一部はガットに受け継がれている。ハバナ憲章。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のITO 憲章の言及

【GATT】より

…このような苦い経験をへた欧米諸国は,大戦後の国際経済体制を再建するにあたって,多角的かつ自由な貿易ルールの構築を目指した。45年にアメリカは高関税や貿易制限の撤廃を含む国際貿易憲章(ITO憲章)を提案し,48年ハバナにおいてITO憲章(ハバナ憲章とも呼ばれる)が52ヵ国によって調印され,国際貿易機構International Trade Organization(ITO)の設立が審議された。しかし,その意図があまりにも理想主義的であったため,提案国のアメリカをはじめ多くの国が批准せず,ITOの設立を断念せざるをえなかった。…

【関税】より

…その第一歩が,国際金融面でのブレトン・ウッズ協定(1944)であり,通商面での〈関税・貿易に関する一般協定〉(GATT(ガツト))である。45年,アメリカによって提案された新しい国際貿易機構International Trade Organization(ITO)を設立するための〈国際貿易憲章〉(ITO憲章,ハバナ憲章)が48年に調印された。しかし,あまりに理想的にすぎたためアメリカ等多くの国で批准が得られず,ITOは失敗に帰すが,その精神を継承するものとして,GATTが1947年に調印され,48年1月発効した。…

※「ITO 憲章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ITO 憲章の関連キーワードIFRS世界銀行国際財務報告基準IIRC深秋国際学力調査会計ビッグバン国際会計基準オートバイ競技教員組合

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone