コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ibn Hānī IbnHani

世界大百科事典内のIbn Hānīの言及

【アラブ文学】より

… マグリブやアンダルスでも,詩の主流は若干の地方色を帯びてはいたが東方世界と大差はなかった。イブン・ハーニーIbn Hānī(934ころ‐1071)はブフトリーを,イブン・ダッラージュIbn Darrāj(958‐1030)はムタナッビーをそれぞれ手本にした。その中にあってイブン・クズマーンIbn Quzmān(?‐1160)が完成したムワッシャハmuwashshaḥaと呼ばれる副韻と脚韻を連節形式にまとめた詩形式や,口語をとり入れたザジャルzajal詩は,プロバンス語を通じヨーロッパ文学に影響を与えた点で注目に値する。…

※「Ibn Hānī」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Ibn Hānīの関連キーワードムハンマドアブドゥル・カーディルイブン・ドゥライドイブン・バットゥータイブンシーナー廟エベンシナイトアジーズアブド・アルアジーズ・ブン・サウードアブー・ドゥラフイブン・アンナフィース

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android