コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ibn Mālik IbnMalik

世界大百科事典内のIbn Mālikの言及

【アラブ文学】より

…ただカイロを中心としてアッバース朝期までの諸学の集成は盛んに行われ,百科事典編さん期としての特色を持っている。代表的なものにはイブン・マンズールIbn Manẓūr(1233‐1311∥12)の《アラビア語大辞典Lisān al‐‘Arab》,イブン・マーリクIbn Mālik(1204ころ‐73)の《韻文による文法書al‐Alfīya》,イブン・ハッリカーンの《名士没年録‘Wafāyāt al‐A‘yān》,カルカシャンディーウマリーらの百科全書的著作,マクリージーの《地誌》,イブン・バットゥータの旅行記などがある。これらの成果の基礎として,タバリーらの歴史学,ヤークートに代表される地理学などの知的蓄積がすでに前代から開始されていた。…

※「Ibn Mālik」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。