Ibrāhīm ‘Abd al-Qādir(英語表記)IbrahimAbdalQadir

世界大百科事典内のIbrāhīm ‘Abd al-Qādirの言及

【マージニー】より

…アラブ・アカデミー(ダマスクス)とアラビア語アカデミー(カイロ)の会員を務める。一方,当時の文芸界で新しいタイプの批評家として活躍,イブラーヒーム・アブド・アルカーディルIbrāhīm ‘Abd al‐Qādirの名で知られた。ペーソスにあふれた随筆集《藁を刈る者》,評論《ハーフィズ・イブラーヒームの詩》,《詩集》などの作品がある。…

※「Ibrāhīm ‘Abd al-Qādir」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android