コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ibrāhīm b.al-Aghlab IbrahimbalAghlab

世界大百科事典内のIbrāhīm b.al-Aghlabの言及

【アグラブ朝】より

…首都はカイラワーン。ホラーサーン出身の軍人アグラブの息子イブラーヒームIbrāhīm b.al‐Aghlab(757‐812)がアッバース朝の宗主権を認めつつ自立したのが起源である。ハワーリジュ派の反乱,アラブ軍兵士の反抗,法学者の為政者に対する非難など内政は不安定であったが,シチリアの征服(878完了)によってイスラム文化をヨーロッパへもたらし,またマーリク派法学者が優位に立つことによって,マーリク派のスンナ派イスラムをマグリブに浸透させたという点で重要な意味をもつ。…

※「Ibrāhīm b.al-Aghlab」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Ibrāhīm b.al-Aghlabの関連キーワードマージニーイスバハーニーアブル・ファラジュアグラブ朝アブー・ムスリムアリー・ベイサッファーフバル・ヘブライオスフィリシュタヘブライ人

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android