コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Internatsional'noe bratstvo Internatsionalnoebratstvo

世界大百科事典内のInternatsional'noe bratstvoの言及

【バクーニン】より

…のち減刑されてイルクーツクに住むうち逃走を計画,日本,アメリカを経てロンドンに渡った。 同地でゲルツェンの革命雑誌《コロコル》に協力するが,戦術をめぐって対立,イタリアへ移って国際同胞団Internatsional’noe bratstvoを結成,67年平和自由連盟大会に出席し,その綱領とすべく《連合主義,社会主義,反神学主義》を書いた。翌年スイスに転じ,《人民の事業Narodnoe delo》誌を刊行,また国際社会民主同盟を結成,のち解散の形をとって第一インターナショナルへの加入を果たしたが,バーゼル大会でマルクス派との対立が明らかとなった。…

※「Internatsional'noe bratstvo」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Internatsional'noe bratstvoの関連キーワードコミンテルンプロフィンテルンコミンテルンプロフィンテルンプロフィンテルンGRU核オーヴァーハウザー効果脱花崗岩化作用インベルカザコフ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android