コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Internet Studio

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Internet Studio

Microsoftが現在開発中のWWWコンテンツ開発ツール開発コード名はBlack Bird(ブラックバード)と呼ばれていた。Microsoftは、従来よりCD-ROMタイトルのコンテンツを開発するためのツールとして、Windowsヘルプコンパイラを発展させたMultimedia Viewerを提供していた(Multimedia Viewer 2.0の日本語版はアスキーからCD-ROM&ブックの形態で販売されている)。さらに現在では、このMultimedia ViewerのアップバージョンであるMedia ViewがDeveloper Network Level.2(Microsoftの開発者向け情報サービス)で提供されている。このMedia Viewは、CD-ROMタイトルだけでなく、Microsoftが運営するネットワークサービスのmsn(The Microsoft Network)で動作可能なコンテンツを開発できるように改良された。msnで提供されている情報コンテンツのMultimedia Encartaや、現在Microsoftが米国で発行しているCD-ROMタイトルは、このMedia Viewを使用して開発されている。Internet Studioでは、これらMultimedia Viewer、Media Viewをさらに発展させ、Internetでの情報サービスに特化させたさまざまな機能が追加される予定である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

Internet Studioの関連キーワードWindows Phone 7Back OfficeAVIファイルMicrosoft OfficeWindows8Microsoft NetworkSurfaceローカルアカウントMSSMCT

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone