コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Internet Studio

1件 の用語解説(Internet Studioの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Internet Studio

Microsoftが現在開発中のWWWコンテンツ開発ツール開発コード名はBlack Bird(ブラックバード)と呼ばれていた。Microsoftは、従来よりCD-ROMタイトルのコンテンツを開発するためのツールとして、Windowsヘルプコンパイラを発展させたMultimedia Viewerを提供していた(Multimedia Viewer 2.0の日本語版はアスキーからCD-ROM&ブックの形態で販売されている)。さらに現在では、このMultimedia ViewerのアップバージョンであるMedia ViewがDeveloper Network Level.2(Microsoftの開発者向け情報サービス)で提供されている。このMedia Viewは、CD-ROMタイトルだけでなく、Microsoftが運営するネットワークサービスのmsn(The Microsoft Network)で動作可能なコンテンツを開発できるように改良された。msnで提供されている情報コンテンツのMultimedia Encartaや、現在Microsoftが米国で発行しているCD-ROMタイトルは、このMedia Viewを使用して開発されている。Internet Studioでは、これらMultimedia Viewer、Media Viewをさらに発展させ、Internetでの情報サービスに特化させたさまざまな機能が追加される予定である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Internet Studioの関連キーワード開発コード名現在地開発コード

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone