コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IrBus

1件 の用語解説(IrBusの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IrBus

赤外線通信を利用して、キーボードマウスジョイスティック、各種リモコンPDAと、PCなどのホスト機器との双方向通信を可能にするための標準仕様。Hewlett-PackardMicrosoftIntelシャープが中心となって開発した。IrBusの標準化案は赤外線通信の標準仕様を策定するIrDAに提案されており、1998年2月にも正式に認められる予定。「バス」という名称から想像できるように、IrBusでは、複数のホスト機器と、リモコンなどの通信機器が同時に通信を行なえる。ホスト機器としては、マルチメディアPC、セットトップボックス、その他の家電機器が、リモート接続機器としてはマウスやキーボード、ジョイスティック、ゲームパッド、リモコン、PDAなどが利用可能になる。データ転送速度は75kbpsで、通信可能距離は最低でも4~5mまで(通常は6~8mまで)、レイテンシ(遅延時間)は最大でも13msecである。他の無線通信方式に比較すると、消費電力が小さく、リモート接続機器の電池寿命を高めることが可能で、かつ製造コストも比較的安価というメリットがある。IrBusの特徴の1つは、ホスト機器とリモート接続機器との間で双方向通信を行なうことである。このためたとえばキーボードを利用する場合でも、双方向通信によってエラー検出とエラー訂正などを行ない、信頼性の高いデータ通信を可能にする。IrBusでは、1つのホストに対して複数のリモート接続機器が通信したり、1つのリモート接続機器から複数のホストを制御したりできる。1つのホストと同時に通信可能なリモート接続機器は最大で8個まで。現行のIrBusの仕様では、4つのゲームパッドまたはジョイスティックが同時に、レイテンシの許容内でリアルタイム通信が行なえるという。IrBusを利用して、セットトップボックスや他の機器からPDAにデータダウンロードし、PDAで何らかの処理を施した後、再度元のセットトップボックスや、他の機器にデータを転送するなどの処理も可能である。この機能により、たとえば連装CD-ROMテープデッキの双方をコントロールして、任意の曲目をテープに編集するための操作をリモコンから行なうなどが可能になる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IrBusの関連キーワード104キーボード赤外線通信ワイヤレスキーボードオッターボード近赤外線赤外線マウス赤外線療法遠赤外分光光度計赤外分光

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IrBusの関連情報