コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ják Jak

世界大百科事典内のJákの言及

【ハンガリー】より


[10世紀~16世紀]
最後の移動民族として定住したマジャール人は10世紀末にキリスト教化され,イシュトバーン世時代に大規模な教会堂の建造と,それに付随する彫刻,絵画,工芸品の制作が始まったが,西欧諸国との関係にもかかわらず,当初よりイタリアとの強固なつながりがみられる。11世紀初めのペーチの司教座教会(大聖堂)や13世紀初めのヤークJákの教会堂はとくにロンバルディアの建築にならい,絵画ではフェルデブレーFeldebrőの教会堂に断片として残る12世紀のフレスコがその例である。12世紀末,ベーラ3世はフランスのカペー朝より妃を迎え,エステルゴムの王宮に,フランスの初期ゴシック様式を導入した。…

※「Ják」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Jákの関連キーワード兵士シュベイクの冒険チェコ文学トルンカハシェクサボー