コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Jψ粒子/Jプサイ粒子 ジェープサイリュウシ

デジタル大辞泉の解説

ジェープサイ‐りゅうし〔‐リフシ〕【J/ψ粒子/J/プサイ粒子】

チャームクオークとその反クオークからなる素粒子。中間子であるチャーモニウムの一。質量は陽子の約3.3倍、電荷は零、スピンは1。1974年、米国のスタンフォード線形加速器センター(SLAC)でB=リヒターらが発見しψ粒子と名付け、またほぼ同時にブルックヘブン国立研究所でS=ティンらが独立して発見しJ粒子と名付けたため、J/ψ粒子と呼ばれることになった。この粒子の発見でチャームクオークの存在が初めて立証され、1976年、同業績によりリヒターとティンはノーベル物理学賞を受賞した。J/ψ中間子。J粒子。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

Jψ粒子/Jプサイ粒子の関連キーワードリヒター(Burton Richter)

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android