コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Jカーブ効果(J-curve Effect)

1件 の用語解説(Jカーブ効果(J-curve Effect)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

Jカーブ効果(J-curve Effect)

外国為替相場の変動に対し、外貨建ての輸出金額と輸出量の調整速度によって起こる現象。為替レートが切り下がると当初は貿易収支が悪化するものの、それが一定期間を経過すると黒字に向かって上昇する(J字型を描く)。一方、貿易収支が黒字で、円が切り上がった時には、逆に黒字が増え、暫くした後に逆Jカーブが生ずる。たとえば、ドル安円高になれば日本のドル建ての輸出価格が上昇し、輸出量の減少は遅れるために、一時的に輸出総額が増え、その後減少していくことになる。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Jカーブ効果(J-curve Effect)の関連キーワード外貨建相場外国為替相場為替相場裁定為替相場実勢レート円建て為替差益外貨準備高(Foreign Exchange Reserve)外国通貨建て為替変動リスク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone