J. ラングベーン(英語表記)Julius Langbehn

20世紀西洋人名事典の解説

J. ラングベーン
Julius Langbehn


1851 - 1907
ドイツの文化批評家。
1880年代外国から流入した自然主義やデカダンス思想に対抗し、ドイツ固有の文化のあり方を説いた匿名の書「教育者レンブラント」(1890年)で大きな反響を呼ぶ。ヨーロッパの社会改良を軽薄なものとし、ドイツ人は内面に生き、また素朴な民族精神を重んじることを提唱。世紀末からナチス台頭まで増殖する保守的民族主義イデオロギーに方向性を示した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android