コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JAK

栄養・生化学辞典の解説

JAK

 細胞内チロシンキナーゼの一つで,サイトカイン受容体などと結合して基質リン酸エステル化することによって,サイトカインなどの信号を伝達する.STATは基質の一つで,その連携をJAK-STAT系という.SH-2,SH-3ドメインはもっていない.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

JAKの関連キーワードヤコバーリハッサーンモスククロイツフェルト=ヤコブ病クロイツフェルトヤコブ病ザンクトヤコプ大聖堂サイモン ジェームズヤコフ フリエールラプラスの展開定理ジェイクをさがしてオッフェンバックグランス・ピッチブライティンガージョクジャカルタスタン イェールプナンジャカン山ペナンジャカン山アーミッシュ派刑事コジャックフッガー[家]ベルヌーイ家インドネシア

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

JAKの関連情報