JAK

栄養・生化学辞典の解説

JAK

 細胞内チロシンキナーゼの一つで,サイトカイン受容体などと結合して基質リン酸エステル化することによって,サイトカインなどの信号を伝達する.STATは基質の一つで,その連携をJAK-STAT系という.SH-2,SH-3ドメインはもっていない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android