コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JR宝塚線(福知山線)脱線事故

1件 の用語解説(JR宝塚線(福知山線)脱線事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

JR宝塚線(福知山線)脱線事故

2005年4月25日午前9時18分ごろ、兵庫県尼崎市で走行中の快速電車が制限速度を超えて急カーブに進入し脱線。乗客106人と運転士が死亡、562人が負傷した。神戸地検は09年、JR西の山崎正夫社長(当時)を在宅起訴(無罪判決が確定)。不起訴となった井手正敬元会長ら歴代3社長は、遺族の申し立てを受けた検察審査会が「起訴すべきだ」と議決し、10年に指定弁護士強制起訴。昨年9月、一審・神戸地裁は3人に無罪を言い渡し、指定弁護士が控訴した。

(2014-04-18 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

JR宝塚線(福知山線)脱線事故の関連キーワード五夜四時JR下関駅放火事件下関駅放火事件川端商店街の火災東北空襲福岡県の女性3人連続殺害事件名古屋刑務所の革手錠事件北但大震災淡路島地震

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

JR宝塚線(福知山線)脱線事故の関連情報