コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JR武豊線

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

JR武豊線

大府―武豊間(19・3キロ)の非電化単線鉄道。1886年の開通当時は「半田線」と呼ばれ、旧武豊港から熱田まで通じていた。その後、大府―熱田間は東海道線(1889年全通)に編入され、武豊港駅は1965年に廃止された。知多半島で生産が盛んだったしょうゆや酢、軍需物資など貨物輸送比重が高かったが、戦後はトラック輸送に取って代わられ、現在は旅客列車が占める。朝夕には通勤通学のため、名古屋との直通列車も走っている。

(2009-03-14 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

JR武豊線の関連キーワード愛知県知多郡武豊町武豊(町)入海貝塚東浦町笹島亀崎乙川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

JR武豊線の関連情報