コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JR氷見線

1件 の用語解説(JR氷見線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

JR氷見線

高岡―氷見16.5キロの全線開通は大正元(1912)年9月。単線で全線非電化。駅数が8あり、約30分で結ぶ。「忍者ハットリくん列車」は、氷見・城端両線で04年3月27日から運行が始まり、1日6往復している。ハットリくんらの人気キャラクターラッピング塗装した列車は3両。車体の背景色がそれぞれブルー、レッドオレンジに塗り分けてある。高岡―氷見の片道運賃は大人320円。JR西日本高岡鉄道部によると、氷見線の1日平均乗客数は04年度が3316人、05年度が3161人。

(2006-08-24 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

JR氷見線の関連情報