コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JR氷見線

1件 の用語解説(JR氷見線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

JR氷見線

高岡―氷見16.5キロの全線開通は大正元(1912)年9月。単線で全線非電化。駅数が8あり、約30分で結ぶ。「忍者ハットリくん列車」は、氷見・城端両線で04年3月27日から運行が始まり、1日6往復している。ハットリくんらの人気キャラクターラッピング塗装した列車は3両。車体の背景色がそれぞれブルー、レッドオレンジに塗り分けてある。高岡―氷見の片道運賃は大人320円。JR西日本高岡鉄道部によると、氷見線の1日平均乗客数は04年度が3316人、05年度が3161人。

(2006-08-24 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

JR氷見線の関連キーワード全線瀬戸内しまなみ海道下北半島縦貫道路北関東道東京外かく環状道路(外環道)北関東自動車道奥多摩周遊道路山形鉄道JR肥薩線県内の無料化対象路線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

JR氷見線の関連情報