コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JR肥薩線

1件 の用語解説(JR肥薩線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

JR肥薩線

八代(熊本県)―隼人(鹿児島県)間124・2キロを結ぶ。1909(明治42)年11月21日、人吉(熊本県)―吉松(鹿児島県)間35キロができ、全線開通した。当時は現在の肥薩線ルートを回る門司港(北九州市)―鹿児島間が鹿児島線とされた。27(昭和2)年に海岸線を走る八代―鹿児島間が開通したのに伴い、肥薩線と改称された。「はやとの風」は吉松―鹿児島中央間を肥薩線、日豊線、鹿児島線経由で1日2往復する。

(2009-10-14 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

JR肥薩線の関連キーワード鹿児島県鹿児島本線隼人鹿児島大学鹿児島神宮薩摩隼人八代宮肥薩おれんじ鉄道折田兼至笠御室

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

JR肥薩線の関連情報