コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JR西歴代3社長の公判

1件 の用語解説(JR西歴代3社長の公判の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

JR西歴代3社長の公判

2005年4月、兵庫県尼崎市のJR宝塚線で快速電車カーブを曲がりきれずに脱線し、乗客106人と運転士が死亡。神戸地検は井手正敬元会長ら歴代3社長を不起訴としたが、検察審査会起訴議決を受け、指定弁護士が10年4月、業務上過失致死傷罪強制起訴した。地検が同罪で起訴した山崎正夫元社長は今年1月、神戸地裁の無罪判決が確定している。

(2012-10-26 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

JR西歴代3社長の公判の関連キーワード尼崎市総合文化センターあまがさき阪神COCOE兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアターサバイバーズ・ギルト被災地の心のケア被災者の心の傷山崎前社長の起訴内容JR宝塚線(福知山線)脱線事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone