コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JR飯田線

1件 の用語解説(JR飯田線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

JR飯田線

静岡県経由で辰野と愛知県の豊橋を結ぶ195.7キロの単線ローカル鉄道。全92駅のうち、県内は天竜川沿いに54駅ある。急勾配、急カーブが多く、駅間は短い。直通運転される岡谷から豊橋まで各駅停車で6時間余り。明治期に中央西線の誘致合戦で木曽谷に屈した伊那谷などが私鉄を設立して部分開業を重ね、1937年に全線開通。戦時中に国有化され、87年の国鉄分割民営化JR東海に移管。県南などの6駅(千代、金野〈きんの〉、田本、為栗〈してぐり〉、中井侍、小和田)は「秘境駅」として人気がある。2027年開業予定のリニア中央新幹線と、飯田市上郷飯沼で交差する。

(2014-04-04 朝日新聞 朝刊 長野全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

JR飯田線の関連キーワード愛知県豊橋市市場愛知県豊橋市今橋町愛知県豊橋市魚町愛知県豊橋市大岩町愛知県豊橋市佐藤愛知県豊橋市多米町愛知県豊橋市八町通愛知県豊橋市花田町愛知県豊橋市町畑町愛知県豊橋市湊町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

JR飯田線の関連情報