Jamoytius

世界大百科事典内のJamoytiusの言及

【無顎類】より

…このまるい部分が上下に動いて水を吸ったり出したりしたと考えられている。欠甲類はヤモイティウスJamoytius,ビルケニアBirkeniaなどシルル紀に栄えたものを含み,現在の円口類などの祖先ではないかとも考えられている。体側に一連の鰓孔が開いている。…

※「Jamoytius」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android