コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JanJoostenVanLondensteyn ヤン ヨーステン

1件 の用語解説(JanJoostenVanLondensteynの意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

JanJoostenVanLondensteyn

1556〜1623(弘治2年〜元和9年)【貿易家】その名前が、八重洲の地名となったオランダ貿易家。 オランダの航海士貿易家で。1600年、貿易船リーフデ号で豊後に漂着、航海長ウイリアム・アダムスらとともに徳川家康ヨーロッパ事情を伝えた。砲術顧問として、土地・屋敷を与えられ、日本人と結婚した。与えられた土地は、ヤン・ヨーステンの名前から八代州海岸と呼ばれ、現・東京都中央区八重洲の名の由来となっている。朱印船貿易に従事、オランダへの帰国交渉のため渡航したが、船の難破により死亡した。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

JanJoostenVanLondensteynの関連キーワード狩野貞信呑竜元和弘治狩野祖酉京極高供玉泉院西尾嘉教松平重正松平康安

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone