コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JanJoostenVanLondensteyn ヤン ヨーステン

江戸・東京人物辞典の解説

JanJoostenVanLondensteyn

1556〜1623(弘治2年〜元和9年)【貿易家】その名前が、八重洲の地名となったオランダ貿易家。 オランダの航海士貿易家で。1600年、貿易船リーフデ号で豊後に漂着、航海長ウイリアム・アダムスらとともに徳川家康にヨーロッパ事情を伝えた。砲術顧問として、土地・屋敷を与えられ、日本人と結婚した。与えられた土地は、ヤン・ヨーステンの名前から八代州海岸と呼ばれ、現・東京都中央区八重洲の名の由来となっている。朱印船貿易に従事、オランダへの帰国交渉のため渡航したが、船の難破により死亡した。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

JanJoostenVanLondensteynの関連キーワードヤン・ヨーステンフマーユーンアクバルカール[5世]窪田統泰アストラハン・ハーン国カールフェリペ2世シビル・ハン国ハプスブルク家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android