コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Jang Bahādūr Rāṇā JangBahadurRana

世界大百科事典内のJang Bahādūr Rāṇāの言及

【ネパール】より

…これに敗れたネパールは領土割譲,イギリス駐在官の受入れを余儀なくされたが,善戦したために植民地として併合されることなく独立を保った。内政面では内紛も多かったが,46年,政敵を大量虐殺したジャン・バハドゥール・ラナJang Bahādūr Rāṇāが王を有名無実なものとして実権を握り,以降約100年間のラナ時代の基礎を築いた。この体制下ではラナ一族がビルタbirtāという形の非課税地を大量に所有し,また文武の高官を独占した。…

※「Jang Bahādūr Rāṇā」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Jang Bahādūr Rāṇāの関連キーワードバハールバハーイー教ハイファ及び西ガリラヤ地方のバハイ聖地群イスファハーンクリム・ハーン国スーバダールナクシュバンディー教団ヒバ・ハーン国アンマンジャーミー