コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kūh-e Rahmat KuheRahmat

世界大百科事典内のKūh-e Rahmatの言及

【ペルセポリス】より

…ダレイオス1世,クセルクセス1世の2代にわたって造営された。クーヘ・ラフマトKūh‐e Rahmat(〈慈悲の山〉の意)西斜面の自然の岩盤に,一部,切石積みを施して,西側面455m,南側面290mのほぼ平行四辺形をなした大基壇が造成され,その上に謁見殿(アパダーナ),ダレイオス宮殿,クセルクセス宮殿,中央殿,百柱殿,後宮(ハレム),宝蔵などが建てられた。この建設工事にはイオニア,リュディア,シリア,エジプト,アッシリア,バビロニアのほか,バクトリア,ソグドなど,帝国各地から多くの工人,労働者が動員された。…

※「Kūh-e Rahmat」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Kūh-e Rahmatの関連キーワードペルセポリス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android