K. マーレキー(英語表記)Khalīl Mālekī

20世紀西洋人名事典の解説

K. マーレキー
Khalīl Mālekī


1901 - 1969
イランの政治家。
タブリーズ生まれ。
ドイツ留学中にカウツキー流の社会民主主義の思想の洗礼を受ける。帰国後、中等学校教師となるが、1937年反共法違反の嫌疑をかけられた53人の一人として逮捕される。釈放後、トゥーデ党(イラン共産党)の結成に加わるが、その後脱党し、石油国有化闘争期に「第三勢力」を結成し、モサッデクを支持。又、中央集権化・ペルシア語化制作の熱心な推進者としても知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android