コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

KD2,3

1件 の用語解説(KD2,3の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

KD2,3

1.世界で初めての無気噴射開放式衝突弁を有する商用車用直接噴射式2サイクルディーゼル機関。2.1926年にトラックに搭載され走行したドイツクルップ ユンカース特許になるエンジン(1924年にベンツも初のディーゼル機関搭載車を走行させたが間接噴射式の一種である予燃焼室式で、以来長年それを踏襲した)。3.1935年に日本ディゼルの初代社長 足立竪造がドイツのクルップ社からクルップユンカースの特許権を購入し、トラックのシャシと共に国産化した大型トラック・バス用ディーゼルエンジンで、第2次大戦中は主に石油掘削及び発電機セット用に使われた。4.社名が創業時の日本デイゼルから―鐘淵デイゼル―民生産業―民生ディゼル工業と幾多の変遷を経て、終戦後本格的に自動車用に生産されるようになった。戦火で壊滅的打撃を蒙った東京都内復興第1号幹線バス路線となった荻窪―東京駅間に始めて登場した大型ボンネット形バスや当時国内最大積載量の7.5トン積みTN93型ボンネット形トラック及びわが国初のリヤエンジン・モノコック・バスに搭載された。5.エンジンの構造は、上下対向ピストン式で、上方ピストンは長いコンロッド2本でクランクシャフトにつながれている。上方ピストンは下方ピストンに対しクランク位相的に15度遅れて取り付けられ、下方ピストン側にある排気ポートからの排気行程が済んでから掃気が始まるようになっている。掃気ポートは排気ポートが閉じてから7.5度後に閉じる。6.掃気ポンプは上方ピストンの上に取り付けられ、ピストン径210mmであった。初期のものはポンポン乃至コモコモという特異な吸気音がしていたが、ヘルムホルツの共鳴器を応用した吸気サイレンサーにより対策された。7.エンジンの背が高く、回転速度は当初は1500rpmと低かった。1951年型になって回転速度が20%上げられ1800rpmとなり、出力も1気筒辺り35PSに引き上げられ、更に1954年になって同じく40PSへと一層の出力アップが行われたが、それ以上の高速化は無理であったため、1955年にその生産機種の座を頭上排気弁式のUD型に譲ることになる。8.KD型エンジンの名称は日本デイゼル時代は、できた順に、ND1、ND2などと呼ばれたが、鐘淵ディゼル時代に社名の頭文字をとり、KDと改称され数字が気筒数を表すように改められた。但し、KD5だけは保管場所(株)クリエイトセンター 川口研修所 (〒332-0002 埼玉県川口市弥平3-13-16)日産ディーゼル工業株式会社(〒362-8536 埼玉県上尾市大字壱丁目1番地)
製作(製造)年1938
製作者(社)鐘淵デイゼル工業株式会社日本デイゼル工業製
資料の種類KD2型量産品ND6型及び鐘淵デイゼル工業製KD2型カットモデル
現状非公開
型式KD2,3
種類ディーゼル
会社名日本デイゼル工業㈱(現 日産ディーゼル工業㈱)
用途大型トラック・バス、ブルドーザ
実物所在KD2のみ有り
搭載車種LD1型トラック、TT9型トラック、KB3B型ボンネットバス、BR30型リヤエンジンバス
製作開始年1938
設計者ユーゴーユンカース博士
シリンダ配列・数垂直対向直列3
サイクル/冷却方式2/水冷
弁型式/数吸排気ポート式16/12個
燃焼方式直接噴射
燃焼室上下対向ピストン平頭
内径×行程85x(下方ピストン144+上方96)
圧縮比17:1
質量(重量)650/550kg(KD3/2)
寸法1452x742x1111(KD3)
噴射ノズル開放式衝突弁
最高出力/回転数KD3:66.2kW[90PS]/1500rpm; KD2:44.1kW[60PS]/1500rpm
最大トルク/回転数KD3:480.5Nm[49kgm]/1100rpm; KD2:304.0Nm[31kgm]/1100rpm
燃料消費率271.8g/kWh[200g/PSh]/1250rpm
排気ガス対応なし
過給機形式なし
インタークーラーなし
可変装置なし
エピソード・話題性自動車用ディーゼルエンジンとして世界で初めてトラックに搭載され実用化された直接噴射式エンジン(1926年)。
特徴無気噴射式燃料噴射ポンプを採用しユンカースの航空機用ユモ ディーゼルエンジンと親類関係にある。クルップ・ユンカースの特許を導入、国産化の上製造したもの。気筒数を変えることによりバランスが良い系列エンジンが形成されやすいという2サイクル特有の特徴がある。
参考文献長尾不二夫、阿知波二郎「対向ピストン型車両用2サイクルヂーゼル機関の性能(Ⅰ、Ⅱ)」機械及び電気 第8巻9号P.1-8、同10号P.1-6、1943.9.10阿知波二郎、富塚清「バス・トラック用2サイクルディーゼル機関衰退の原因」内燃機関Vol.30、No.185、P.29-36、1976.10大塚新太郎、石原荘一「わが国における2サイクル自動車エンジンの変遷(5)日産ディーゼル工業㈱」内燃機関Vol.30、No.376、P.36-44
その他事項通称名:KD2、3;協力者:ドイツ クルップ社;吸気方式:自然吸気;点火方式:圧縮;燃料供給方式:ユンカース無気噴射式プランジャポンプ(自家製);掃除ポンプ種類:往復ピストン直結 直径x行程 210x96;掃気方式:一方流ポート掃・排気;KD3-4.086、KD2-2.724L;比出力:16.2kW{22PS}/L;三元触媒:なし;トーショナルダンパ:ランカスタ式;吸気系:吸気サイレンサ;排気系:なし;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

KD2,3の関連キーワード無気音初事噴射機関ボストンマラソン無気噴射エコバンク着初め空気噴射機関初上りプレステル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone