コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

KJ 法

大辞林 第三版の解説

KJ 法

〖KJ method〗 〔KJ は提唱者川喜多二郎の頭文字から〕
カードによる情報整理・アイデア発想法の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のKJ 法の言及

【ヒューマンインターフェース】より

…発想支援コンピューターの知的機能の格段の向上によって,コンピューターを発想の支援に活用しようとする動きが急である。アイデアプロセッサーやKJ法のような個人的な発想の支援だけでなく,コンピューターネットワークを介しての複数人の仕事(CSCW)での発想支援まで射程においた研究開発が行われている。仮想現実協調分散システムグループウェアコンピューター人間工学マルチメディア【海保 博之】。…

※「KJ 法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

KJ 法の関連キーワードハマーショルド(Knut Hjalmar Leonard Hammarskjöld)ガーランド(Red Garland)ダーグ・H.A.C. ハマーショルド共産主義者同盟[ユーゴスラビア]オズボーンのチェックリストボサンケの方程式有機ハロゲン化物新QC7つ道具複素環式化合物中央アジア音楽ノルウェー文学アゾトメトリーレーザー核融合解離エネルギーフェナントレン栄養(人間)アサクサノリケルダール法アルミニウムレンブラント

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android