コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

KS 鋼

大辞林 第三版の解説

KS 鋼

〔KS は研究費を寄贈した住友吉左衛門の頭文字〕
1917 年(大正 6)、本多光太郎らが発明した磁石鋼。コバルト・クロム・タングステン・炭素を含む鋼。保磁力が大きく、当時は世界的な発明であった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android