コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

KS 鋼

大辞林 第三版の解説

KS 鋼

〔KS は研究費を寄贈した住友吉左衛門の頭文字〕
1917 年(大正 6)、本多光太郎らが発明した磁石鋼。コバルト・クロム・タングステン・炭素を含む鋼。保磁力が大きく、当時は世界的な発明であった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

KS 鋼の関連キーワードエンゲルスベリの製鉄所フェルクリンゲン製鉄所希土類・コバルト磁石日本科学史(年表)希土類コバルト磁石しんケーエスこうオストロフスキー天辻鋼球製作所ザポロージエ本多 光太郎住友吉左衛門新KS磁石鋼中山製鋼所小島鉄工所KS磁石鋼本多光太郎日本科学史淀川製鋼所日本製鋼所住友友純

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android