コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kandāriya Mahādeva KandariyaMahadeva

世界大百科事典内のKandāriya Mahādevaの言及

【カジュラーホ】より

…内外の壁面を埋める神々,アプサラスapsaras(天女),ミトゥナ(抱擁する男女)のおびただしい彫像は,ほっそりとして軽快で,その姿態は変化に富み,明るい官能性をもっている。11世紀第2四半期のカンダーリヤ・マハーデーバKandāriya Mahādeva寺が最も壮大(高さ30.5m)で,外壁の彫像群も圧巻である。インド美術【肥塚 隆】。…

※「Kandāriya Mahādeva」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Kandāriya Mahādevaの関連キーワード大衆部摩耶夫人コーカンド勢至菩薩僧祇大黒天大士大乗大日如来摩訶

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone