コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Karel I KarelI

世界大百科事典内のKarel Iの言及

【カール[4世]】より

…ルクセンブルク家のボヘミア王,ドイツ王(在位1346‐78),神聖ローマ皇帝(在位1355‐78)。ボヘミア王としてはカレル1世Karel Iとよばれる。少年期の7年間パリ宮廷で教育を受け,15歳で父ヨハンの代理として自家の北イタリアへの勢力拡大工作に従事。…

※「Karel I」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Karel Iの関連キーワードゼーマン(Karel Zeman)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団カレリア石(データノート)カレリア(ロシアの地名)ドキュメンタリー映画土曜の夜と日曜の朝カレリア[共和国]コトランスキー岩ペトロザボーツクカール[4世]フリー・シネマカレリア共和国イギリス映画ベルンハルト売られた花嫁チェコ文学カレリア石デッセルオネガ湖カレリア