Khalīj-e Fārs(英語表記)KhalijeFars

世界大百科事典内のKhalīj-e Fārsの言及

【ペルシア湾】より

…イラン高原とアラビア半島との間にある湾。アラビア語でバフル・アルファーリスBaḥr al‐Fāris,あるいはハリージュ・アルアラビーKhalīj al‐‘Arabī(〈アラビア湾〉の意),ペルシア語でハリージェ・ファールスKhalīj‐e Fārsという。現在,湾岸にはイランのほかにアラブ系のイラク,クウェート,バーレーン,カタル,アラブ首長国連邦の諸国がある。…

※「Khalīj-e Fārs」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android