コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kiš,D. KisD

世界大百科事典内のKiš,D.の言及

【ユーゴスラビア】より

…《太陽は遠い》(1951)でデビューしたセルビアのチョシッチ,ヘミングウェー風の短編集《大きな子どもたち》(1962)でデビューしたイサコビッチAntonije Isaković(1923- ),《嘆きの山》(1962)でニェゴシュ賞を受けたモンテネグロのラリッチ,ユーモアで味つけしたボスニアのチョピッチBranko Ćopić(1915- )らが例として挙げられる。 こうした傾向に反逆して,社会主義国の怒れる若者を描いたモンテネグロのブラトビッチや不条理を追求したシュチェパノビッチBranimir Šćepanović(1937- ),ユダヤ人の饒舌と古典主義で独特な世界を創ったキシュDanilo Kiš(1935-89)らが新しいユーゴスラビア文学の旗手として,ヨーロッパの諸語に訳され,高く評価された。
【演劇】
演劇については,フバル島に残る木造劇場(1612)がバルカン最古のものである。…

※「Kiš,D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android