コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Klasse für sich Klassefursich

世界大百科事典内のKlasse für sichの言及

【階級意識】より

…階級に階級としての使命があり,したがって目標があることを自覚すれば,それは目標を実現するための方法や手段あるいは戦略や戦術について考え,実際に展望をもって行動するようになるであろう。マルクスとエンゲルスは,このように成熟した階級意識をもつものを対自的階級Klasse für sichと呼び,これにたいして階級意識形成の初期段階にあるものを即自的階級Klasse an sichと呼んだ。 しかし,いずれにしても現実の資本主義社会では〈階級意識〉は自生的に形成されない。…

※「Klasse für sich」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Klasse für sichの関連キーワード階級意識ヘーゲル哲学の基本概念階級闘争即自的階級対自的階級即自・対自・対他クラシス再帰動詞物自体再帰動詞