コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Konrad Konrad

世界大百科事典内のKonradの言及

【シュタウフェン朝】より

… 1208年,フィリップが私怨によって暗殺され,中心を失ったシュタウフェン家の勢力を再び興したのは,フリードリヒ2世であった。彼の壮大な政治理念は,イタリアを中心とする地中海帝国の形成にあり,ドイツの統治は長子ハインリヒ7世,次子コンラート4世Konrad IV(ドイツ国王,在位1237‐54)にまかせた。フリードリヒの命とりになったのは教皇との対立であり,異端の烙印をおされ,教会の迫害者として破門された彼に対抗して,ドイツでは1246年ハインリヒ・ラスペが,1247年にはウィルヘルム・フォン・ホラントWilhelm von Hollandが国王に選出された。…

※「Konrad」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Konradの関連キーワードティンバーゲン(Niko (Nikolaas) Tinbergen)ヨッフェ(Abram Fyodorovich Ioffe)フリッシュ(Karl von Frisch)リヒター(Gerhard Richter)リネン(Feodor Lynen)ルードルフ アウクシュタインレントゲン(照射線量の単位)フェロシアン化カリウム形式主義(美学)オーストリア文学K. ブロックレントゲニウムウィーン磁器コンピュータドイツ美術リリーサー行動生態学ベックレルドイツ映画大空位時代

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android