Krateuas

世界大百科事典内のKrateuasの言及

【博物学】より

…このようにして,インドから中国に及ぶ東洋やアフリカの博物は,その主要な部分が古代にほぼ記述し尽くされた。一方,図譜のほうでは前15世紀ころのエジプトや前1世紀のポンペイのモザイクなどに,種の同定が可能なほど精密な動植物画が描かれており,前1世紀にはクラテウアスKrateuasのすばらしい本草図譜が成立している。 しかし古代の精密図は中世を通じて転写されつづけたため,図鑑としての機能を失い,むしろ装飾パターンとして使用されることになった。…

※「Krateuas」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android