L.N. ブリュアン(英語表記)Léon Nicholas Brillouin

20世紀西洋人名事典の解説

L.N. ブリュアン
Léon Nicholas Brillouin


1889 - 1969
フランスの物理学者。
元・ソルボンヌ大学教授。
セーブル生まれ。
ソルボンヌ大学教授を経て、1941年米国へ移住し、情報と物理学の関連の議論を展開する。固体のバンド理論の体系「ブリュアン帯」を確立し、固体の理論で成功を収めた量子統計力学の開拓者の一人である。又、「ブリュアン散乱」の発見でも知られる。著書「量子統計力学」(’28年)は名著である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android