コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LD 法

1件 の用語解説(LD 法の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

LD 法

〖Linz-Donawitz process〗
転炉製鋼法の一。転炉の上方から酸素を吹きつけて、リン・窒素の含有量の少ない鋼を得る。第 2 次大戦後、オーストリアのリンツとドナビツの工場で工業化されて以来、急速に普及した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のLD 法の言及

【鉄】より

…しかし製鋼法で成功し,1952年オーストリアで純酸素上吹転炉法が工業化された。リンツとドナビツの両製鉄所で発明が実施されたので頭文字をとってLD法と呼ばれている。従来の空気転炉法の熱的不足と窒素含有の質的欠点とが克服され,平炉鋼に匹敵する質の鋼を製造できることが証明され,以来急速に平炉に代わって世界に普及した。…

【転炉】より

…転炉の大きさは1回に精錬できる鋼の量で表し,何t転炉などと呼ぶ。 転炉製鋼法は,1856年イギリスのH.ベッセマーが得た特許が発祥で,ほかにトーマス法,LD法,OBM,複合吹錬法などがあって,時代によりそれぞれの役割を果たしてきた。ベッセマー法は酸性底吹転炉法とも呼ばれている。…

※「LD 法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

LD 法の関連キーワード運転注意力モニタ MDASLD法LD転炉調書刑事訴訟リンツ新大聖堂ハウプト広場

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

LD 法の関連情報