LGBTとカミングアウト

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

LGBTとカミングアウト

NPO法人虹色ダイバーシティ(大阪市)の昨年のアンケート(10~60代の1815人が回答)によると、LGBTの49%が家族に、10%が友人に打ち明けていない。 村木真紀代表(40)は、自分の周りにLGBTがいるかもしれない、という意識が広がれば言動が変わり、カミングアウトしやすい社会になると期待する。「差別的な冗談を聞いたらツッコミを入れるとか、『彼/彼女』を『恋人』と性別に無関係な言葉に言い換えるとか。少しの工夫で変わるはずです」

(2015-03-19 朝日新聞 朝刊 広島1・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android