コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LIBOR不正問題

1件 の用語解説(LIBOR不正問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

LIBOR不正問題

ロンドンで活動する大手銀行員らが、うその金利を申告し、金利を不正に操作していた。英大手銀バークレイズでは当初、高めの金利を申告して金融派生商品でもうけていた。逆に2008年の金融危機後は、銀行の資金繰り難を隠すために、わざと低い金利を申告したとされる。

(2012-09-29 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

LIBOR不正問題の関連キーワードロンドン会議岩手銀行行員ロンドンアイロンドン銀行間取引金利ロンドンパープルロンドンブーツロンドンデリーの歌ミッドランド銀行ロイズ銀行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone