LIGO(読み)エルアイジーオー

デジタル大辞泉の解説

エル‐アイ‐ジー‐オー【LIGO】[Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory]

Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory》⇒ライゴ(LIGO)

ライゴ【LIGO】[Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory]

Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory》米国に建設された重力波望遠鏡。約3000キロメートル離れたルイジアナ州リビングストンとワシントン州ハンフォードの2か所に設置。基線長4000メートルのレーザー干渉計により、重力波が通ったときに生じる、原子の大きさの10億分の1程度という極めてわずかな空間の伸縮をレーザー光の位相差としてとらえる。2002年より観測開始。レーザー干渉計重力波天文台
[補説]2015年9月、世界で初めて重力波の直接観測に成功。詳細な解析の結果、2016年2月に連星ブラックホールの合体に由来する重力波であることが発表された。2017年、同業績によりR=ワイス、B=バリッシュ、K=ソーンノーベル物理学賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

LIGOの関連情報