コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LRT(ライト・レール・トランジット)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

LRT(ライト・レール・トランジット)

床が低いバリアフリー型の路面電車など、車から公共交通に人の流れを誘導する都市交通システムを指す。欧州の都市で導入が進み、国内では富山市が06年、JRの赤字ローカル線をLRT化した。

(2008-01-23 朝日新聞 夕刊 1総合)

LRT(ライト・レール・トランジット)

低床式車両LRV(ライト・レール・ビークル)と振動や騒音の少ない軌道を組み合わせた、バリアフリーで環境に優しい次世代型の交通システムを指す。国土交通省によると、国内17都市を走る路面電車のうち、全車両に加え、軌道や停留場も整えた本格的なLRTは富山市のポートラム(2006年開業)だけ。LRVは97年に熊本市、99年に広島市で導入され、以降も多くの都市が従来型の車両から段階的に切り替えている。富山市のセントラムは全車両LRVだが、軌道には従来型が残る。

(2015-12-18 朝日新聞 朝刊 栃木全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

LRT(ライト・レール・トランジット)の関連キーワードLRT(次世代型路面電車、ライト・レール・トランジットの略)導入計画ライトレールトランジット京都市の脱マイカー施策パーク・アンド・ライド地域公共交通活性化法自動車技術総合機構コンパクトシティLRTと路面電車富山ライトレールスマートムーブ堺市とLRT啓蒙専制主義ライトレール越境汚染地域鉄道軽快電車地下鉄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android