コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Labカラー らぶからー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Labカラー

色情報を数値化するカラーモデルのひとつ。1931年に色規格の国際機関CIE(Commission International dEclairage)によって開発された。黒から白(明度=Lightness)と緑から赤の範囲の要素(a)、青から黄の範囲の要素(b)の2つの色彩要素とによって構成されている。色域が広く、システム間での色調のずれが少ないのが特徴。Adobe Photoshopのカラーモード変換時や、フォトCDなどで利用されるなど、高度なフォトレタッチのカラーモデルとして使用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Labカラーの関連情報