コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Lanius bucephalus Laniusbucephalus

世界大百科事典内のLanius bucephalusの言及

【モズ(百舌∥鵙)】より

…はやにえは,春から秋にかけての食物の豊富な時期に,木のとげ,枝先などの鋭くとがったものに,とらえた獲物を突きさし,そのまま食べずに残されたもので,一部は冬の間に食べられることが知られている。 モズLanius bucephalus(英名bull‐headed shrike)(イラスト)は全長約21cm,雄は頭部が褐色で黒色の太い過眼線がある。上面は灰色をしていて,翼に白斑があり,下面は淡褐色である。…

※「Lanius bucephalus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Lanius bucephalusの関連キーワードモズ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android