コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Lehmann,K. LehmannK

世界大百科事典内のLehmann,K.の言及

【ガラス工芸】より

…とりわけ神聖ローマ帝国の首都がプラハに置かれた17世紀には,皇帝ルドルフ2世の芸術・学問の偏愛がボヘミアン・グラス(ボヘミア・ガラス)を大きく育成した。ここで作り出された無色透明のボヘミアン・クリスタルは,水晶彫りの名工レーマンKaspar Lehmann(1565ころ‐1622)によるグラビール彫刻を加えて,豪華なテーブル・グラスを生み出した。それはハプスブルク家の王室をはじめ全ヨーロッパの宮廷で愛用されるようになり,ベネチアの独占体制は,あえなくボヘミアによって崩されていった。…

※「Lehmann,K.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Lehmann,K.の関連キーワードレーマン方式シュードエラプティヴ眼球白粒岩白粒岩クリスタロライト輝緑凝灰岩ウェスターウァルト岩ワイルブルク岩エセックサイト玄武岩クローロ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android