コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Lehmann,W. LehmannW

世界大百科事典内のLehmann,W.の言及

【クローロ】より

…詩的伝統と現代的表現手法の結合,および言葉の純化・明晰化を評価され,1956年ドイツ言語・文学アカデミーのビュヒナー賞を受け,72‐75年には同会長を務めるなど,戦後の西ドイツを代表する詩人の一人。レーマンWilhelm Lehmann(1882‐1962)等の影響下で感覚繊細な自然詩から出発し,ロルカ,オーデン,またフランスのシュルレアリスト(アポリネール,エリュアール等)に接して全ヨーロッパ的視野を獲得するが,さらにそれらを超えて抒情詩のテーマ,表現手法の革新を一貫して追求,急変する現代とかかわりつつも“非アンガージュマン的・非政治的・非時事的”な詩を書いた。《見えない手》(1962)等の詩は《全詩集》2巻(1965,75)に集成されたが,多数のフランス・スペイン現代詩の翻訳や《現代ドイツ抒情詩の諸相》(1961),《詩的日記》(1966)等のエッセー,評論も重要である。…

※「Lehmann,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Lehmann,W.の関連キーワードレーマン方式シュードエラプティヴ眼球白粒岩白粒岩クリスタロライト輝緑凝灰岩ウェスターウァルト岩ワイルブルク岩エセックサイト玄武岩クローロ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android