コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Link State方式

1件 の用語解説(Link State方式の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Link State方式

動的ルーティングアルゴリズムの1つ。Link State方式は自分の隣接ルーターの情報を全ルーターへ直接送信する方式である。受け取った側では、各ルーターからの情報を基にしてネットワーク全体の構造を決定し、最短ルートを計算できる。この方式はインプリメントがやや複雑で、ルーティングテーブル情報も巨大になり、ルーティング情報を転送するためのトラフィックも大きくなるという欠点があるが、効率よく動的ルーティングを行なうことが可能である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Link State方式の関連キーワードアルゴリズム遺伝的アルゴリズムミーティングRSA暗号アルゴリズムアルゴリズム取引ソースルーティングフローティングリクルーティングリクルーティングアドリヴェスト‐シャミール‐アルドレマンのアルゴリズム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone