Linkedマルチセッション

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Linkedマルチセッション

マルチセッションCD-Rを作成する場合の方式の1つ。このLinkedマルチセッションでは、以前のセッションのデータ(ファイル)を引き継ぐ形式で新しいセッションのデータ(ファイル)を書き込む。つまりLinkedマルチセッションで記録したCD-Rは、最終セッションで新たに記録されたファイルに加えて、以前のセッションで記録されたファイルもそのまま参照できる。一般的なCD-Rライタソフトウェアでは、これから書き込むセッションで、以前のどのセッションのデータ(ファイル)を引き継ぐかを選択できるものが多い。Linkedマルチセッションではなく、以前のセッションとはまったく独立した形式で新しいセッションを記録する方式はMultiVolumeマルチセッションと呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android