コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ludwig I(バイエルン国王) LudwigI

世界大百科事典内のLudwig I(バイエルン国王)の言及

【モンテス】より

…イギリス軍人の娘としてアイルランドに生まれ,一時インドで暮らし,5年間の最初の結婚生活の後,1843年〈スペインの舞姫〉としてロンドンでデビュー,フランス,ドイツ,ロシアなどでも公演して好評を博した。46年のミュンヘン公演のおり,バイエルン国王ルートウィヒ1世Ludwig I(在位,1825‐48。〈狂王〉ルートウィヒ2世の祖父)の寵を得るところとなり,彼女はランツフェルト伯爵夫人の称号を受けるなどして大いに勢威をふるい,その影響は国事にまで及んだ。…

※「Ludwig I(バイエルン国王)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Ludwig I(バイエルン国王)の関連キーワードクロネッカー(Hugo Kronecker)ケルン(ドイツ)縮合ホルミル化ケーケッヘル番号モルトケルートウィヒ[1世]ノイマン型コンピューターソレー効果

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android